うつ病は放置してはいけない病気│女性は要注意

うつ病になる原因とは

空

うつ病になりやすい人となりにくい人が存在します。うつ病になりやすい人の特徴としては、責任感、義務感が強い人や完璧主義的気質を持っている人です。そのような人は考えも極端になりがちな傾向にあるため、ストレスも溜め込みやすくうつ病にもなりやすいとされています。性格的なもの以外にもうつ病になる原因はあります。それは仕事に関することやお金に関連すること、大事な人を失ったなどです。このようにある出来事がきっかけとなり、うつ病になることがあるので、誰でもうつ病になる可能性を秘めているのです。特に、身近な人が亡くなるという出来事は人生の中でも最もつらい経験となります。病気でも無い限り、人が亡くなってしまうのは予測することができません。ですから、心の準備もできない状態で大切な人の死を受け入れなければいけない状況になります。しかし、これはかなりのストレスになるものです。自分の中で数えられないほどの葛藤と絶望感を味わいその結果、気づけばうつ病になっていたということもあります。
うつ病の原因として、環境や身体的なものも原因となり得ます。環境がうつ病の原因となるパターンとしてまず、引越しがあります。新しい場所へ引越したことで不安感にさいなまれる人も少なくありません。他にも、人間関係があります。これは多くの人が悩むことですが、場合によっては深刻化してしまい、簡単には丸くおさめられないような状況になることがあるでしょう。そうなると長期的に悩みが続いてしまい精神的にがたがきてしまいます。結果、うつ病になるケースもあるのです。次に身体的な要因を紹介します。身体的なものでうつ病になる原因としては、ホルモンバランスの変化がまず挙げられます。特に女性は男性と違いホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスが崩れると精神的なものに大きな影響を及ぼすので、それがストレスとなるのです。ですから、ホルモンバランスが崩れるような生活習慣は改善しましょう。他にも慢性的な疲労が挙げられます。身体的に疲れがずっと溜まっている状態だと、精神的に様々な影響があります。そのどれもが良いものとはいえません。ですから、慢性的に疲労感がある人は、病院へいき改善しましょう。

Back to Top